ニードル脱毛は電気脱毛ともいわれる脱毛方法です。行うには資格が必要で、資格をもったエステティシャンが行います。行っているところは少ないですが、脱毛サロンで受けることができます。クリニックでも行っていることがあります。ニードル脱毛は毛穴の一つ一つに電気針を刺して毛を処理する方法です。毛穴に針を入れたら電気を流して毛乳頭を破壊します。毛乳頭が破壊されることで毛が生えてこなくなります。針は使い捨てです。

高周波の電気なので脱毛には強い痛みがあります。やけどする恐れもあります。レーザー脱毛が登場したことや痛みが強いため、あまり人気がありません。しかし、高い脱毛効果があり、ニードル脱毛は永久脱毛になります。近年、痛みを感じにくい絶縁針脱毛が開発されました。従来は皮膚に針が触れたため痛みを感じたのですが、絶縁針は皮膚と接触する部位が絶縁されているので痛みを感じません。皮膚に電気が伝わらないのでやけどの心配もありません。

ニードル脱毛は毛周辺を電気凝固させるので、ワキガの原因になるアポクリン汗腺も破壊します。アポクリン汗腺が破壊されることでワキガの原因になる汗を抑えることができ、ワキガの悩みの解消も期待できます。毛が無くなることで清潔を保ちやすくなることも、ワキガが軽減する理由です。