レーザー脱毛は医療機関でしか受けることができない脱毛方法です。サロンの光脱毛は免許がなくても行えるのですが、レーザー脱毛は医療行為になるので、医師免許がないと行うことができません。そのため、医療機関でしか受けることができないのです。家庭用のレーザー脱毛機がありますが、医療機関で行っているレーザー脱毛に比べて出力が低く、医療機関よりも脱毛効果が落ちます。

レーザー脱毛も光脱毛と仕組みは同じです。黒い色素に反応するレーザーを使用しており、光を照射すると毛の色素に反応して熱を吸収します。熱が広がって毛乳頭が破壊されます。毛乳頭が破壊されると毛の製造工場の毛母細胞が栄養をもらえず、毛が成長できなくなります。

光脱毛との違いは出力です。レーザー脱毛は光脱毛に比べて出力が強く高い脱毛効果があります。サロンの場合は永久脱毛ではありませんが、レーザー脱毛は永久脱毛です。

出力が高いので痛みも強いです。色が濃く太い毛に光がよく反応するので、色が濃く太い毛が生えていてデリケートなVIOラインは強い痛みを感じることがあります。しかし、医療機関なので麻酔を使用して痛みを抑えることができます。使用する麻酔には笑気麻酔やクリーム麻酔があります。