ニードル脱毛とは

ニードル脱毛は電気脱毛ともいわれる脱毛方法です。行うには資格が必要で、資格をもったエステティシャンが行います。行っているところは少ないですが、脱毛サロンで受けることができます。クリニックでも行っていることがあります。ニードル脱毛は毛穴の一つ一つに電気針を刺して毛を処理する方法です。毛穴に針を入れたら電気を流して毛乳頭を破壊します。毛乳頭が破壊されることで毛が生えてこなくなります。針は使い捨てです。

高周波の電気なので脱毛には強い痛みがあります。やけどする恐れもあります。
レーザー脱毛が登場したことや痛みが強いため、あまり人気がありません。
汗しかし、高い脱毛効果があり、ニードル脱毛は永久脱毛になります
近年、痛みを感じにくい絶縁針脱毛が開発されました。
従来は皮膚に針が触れたため痛みを感じたのですが、絶縁針は皮膚と接触する部位が絶縁されているので痛みを感じません。
皮膚に電気が伝わらないのでやけどの心配もありません。

ニードル脱毛は毛周辺を電気凝固させるので、ワキガの原因になるアポクリン汗腺も破壊します。
アポクリン汗腺が破壊されることでワキガの原因になる汗を抑えることができ、ワキガの悩みの解消も期待できます。
毛が無くなることで清潔を保ちやすくなることも、ワキガが軽減する理由です。

レーザー脱毛とは

医療機関レーザー脱毛は医療機関でしか受けることができない脱毛方法です。
サロンの光脱毛は免許がなくても行えるのですが、レーザー脱毛は医療行為になるので、医師免許がないと行うことができません。
そのため、医療機関でしか受けることができないのです。
家庭用のレーザー脱毛機がありますが、医療機関で行っているレーザー脱毛に比べて出力が低く、医療機関よりも脱毛効果が落ちます。

レーザー脱毛も光脱毛と仕組みは同じです。黒い色素に反応するレーザーを使用しており、光を照射すると毛の色素に反応して熱を吸収します。熱が広がって毛乳頭が破壊されます。毛乳頭が破壊されると毛の製造工場の毛母細胞が栄養をもらえず、毛が成長できなくなります。

光脱毛との違いは出力です。レーザー脱毛は光脱毛に比べて出力が強く高い脱毛効果があります。サロンの場合は永久脱毛ではありませんが、レーザー脱毛は永久脱毛です。(外部サイト:レーザー脱毛施術 – 札幌中央クリニック

出力が高いので痛みも強いです。色が濃く太い毛に光がよく反応するので、色が濃く太い毛が生えていてデリケートなVIOラインは強い痛みを感じることがあります。しかし、医療機関なので麻酔を使用して痛みを抑えることができます。使用する麻酔には笑気麻酔やクリーム麻酔があります。

光脱毛とは

多くの脱毛サロンが行っている脱毛方法が光脱毛です。光脱毛は黒い色素に反応する光を使用した脱毛方法です。光を照射すると毛の色素に反応して毛が熱を吸収します。熱のダメージで自然と毛が抜け落ちることが促されます。光は毛にだけ作用させるようにしているので肌への負担が少なく、アトピーの方でも脱毛できることがあります。

施術前には肌を保護したり脱毛効果を高めるためにジェルを塗布します。光を照射すると熱が発生して痛みを感じることがありますが、ジェルで冷やすことで痛みが軽減します。
脱毛完了このジェルはややヒヤッとします。
サロンによってはジェルを使わず、マシンで冷やしながら脱毛します。
マシンの照射口が-5℃くらいになって冷やしてくれるので、ほとんど痛みを感じずに脱毛できます。

毛には成長サイクルがあり、成長期・退行期・休止期を繰り返しています。
光脱毛が働きかけることができるのが成長期の毛です。全身の3分の1ほどの毛が成長期の毛で、皮膚に隠れている毛が成長してきたら何度か施術を受けます。
個人差がありますが満足できる脱毛効果を得るには、6回ほど施術を受ける必要があります。
2ヶ月から3ヶ月に1回のペースで通うのが一般的ですので、脱毛が完了するには1年以上かかります。


関連する記事↓
レーザー脱毛とは
ニードル脱毛とは

脱毛方法いろいろ

脱毛方法にもいろいろとあります。もっとも手軽な方法がカミソリや毛抜きです。カミソリは100円でも購入できて費用が安いです。毛抜きもピンセットがあれば行うことができます。自宅で簡単に行えるので、気軽に何度も脱毛をしている方もいるのではないでしょうか。しかし、カミソリや毛抜きでの自己処理は危険です。
何度も脱毛を繰り返していると肌が乾燥してしまい、乾燥を放置して脱毛し続けると色素沈着やブツブツができてしまいます。
シェーバー毛抜きはもっとも危険な方法で、毛穴から雑菌が混入して炎症が起こることがあります。

毛を剃る点では同じですが、シェーバーは直接刃が肌に触れないので、カミソリよりも肌の負担が少ないです。
毛深い人でも満足できるといわれているのが除毛クリームです。
毛のタンパク質を溶かす薬剤を使用しています。
ムダ毛処理したい部位に塗布してしばらく放置し、ティッシュなどで拭き取ってから洗い流します。
広範囲を短時間で処理できるメリットがあります。ただし、薬剤を使用しているため肌が弱い方は赤みがでて使えないことがあります。

ヒートカッターは熱で毛を焼き切る方法です。カミソリで処理をすると毛の先端がチクチクして下着を突き破ってしまうことがありますが、ヒートカッターなら毛の先端が丸くなるので、下着を突き破ることがありません。水着から飛び出していて恥ずかしいという思いをせずに済みます。毛を焼く部分は直接肌に触れないので肌への負担が少ないです。これらは自宅でできる脱毛方法ですが、脱毛サロンクリニックでの脱毛もあります